前へ
次へ

生きる哲学を子供らに学んでほしい

マネジメント協会の経営コンサルタントの肩書きを持ち、さらに人生コンサルタントとしても第一線で活躍する者から、生き方や考え方を学ぶ子どもらの母あるいは父がいます。
生まれてきた環境や育つ環境によって、個性や考え方は違って当然です。
しかし時には協調性も必要です。
特に教育者いわく、13歳前後の多感な時期に学ぶことや感じ取ることは、その後の人格形成に大きな影響を与えることを上げています。
この時期だから簡単に受け入れられる生き方の哲学があり、知って実践しておくことで、高い地位に上がったとしてもそれにおごることはありません。
これからの人生をより豊かに、幸せにできる、こうした生きるための哲学を身につけてほしいからこそ、保護者が先に学び、それを家庭教育で実践させるようです。
また、家庭だけでなく、子供らには類は友を呼ぶのとは違った人との交流で成長もできるといいます。
優しい人、頭の良い人、運動ができる人はそれぞれに魅力的な部分があり、尊敬できる友を「年齢や性別関係なく」作ることもポイントです。

Page Top