前へ
次へ

教育は子どもへの愛情があってのものである

子どもの教育というものは難しくて正解が1つとは限りませんよね。
どう育てればよいか分からず、試行錯誤しているご家庭も多いのではないでしょうか。
叱り方が分からず、つい甘やかしてしまう親もいるかもしれませんね。
厳しくするべきか、優しくするべきか方法は人それぞれです。
大切なのは教育する以前にあるような気がします。
まずは、我が子にしっかり愛情を注いであげることが大切なのです。
愛されていると子どもが実感すれば、叱られても何かを教えても、きっと聞く耳を持ってくれることでしょう。
愛情を注がれて育った子は、気持ちが満たされ素直な心を持つことが多いのではないでしょうか。
何が正しいのかは育ってみないと分かりません。
しかし、やたら教育熱心になってしまって愛情を忘れてしまうのは良くないことです。
英才教育は子どものためにやっているのか、自分の自己満足ではないのか1度立ち止まって考えてみて下さい。
そして、子ども自身1番やりたいことを優先させてあげましょう。
本人の気持ちを尊重するということを忘れてはいけません。
教育というと難しそうに聞こえますが、自己満足なのか子どもも満足しているのかを考えてみると、案外うまくいくかもしれませんよ。

Page Top