前へ
次へ

日本の英語教育はそれほど悲観すべきではない

日本の英語教育は度々批判にさらされることが多いものの、それほど悲観すべきことはないのではないでしょうか。
日本では読み書きに重点を置いた教育を行っており、そのために英会話に大切な話す力と聞く力をつけることが難しいとの批判があります。
しかしながら、海外の大学院に進学して改めてわかったことは、読み書きの力というのは話す力と聞く力よりも何よりも大切であるということです。
もちろん、リスニング力やスピーキング力を疎かにしてもよいということではありません。
まずは読む力と書く力を身に着けておくことは、確実に高等教育機関で力を発揮することができるためです。
高等教育機関ではロジカルな文章を書くことが前提として求められる力であります。
そのために、いくらスピーキング力やリスニング力に優れていても、ロジカルな文章を書くことができなければその人に対する評価は付いてこないだけでなく、高い知識レベルで戦うことができません。

Page Top